健康美容食育情報お届けサイト TKSニュース

低脂肪ダイエットの落とし穴

98c215569fc2126b3f3ea8c45bd170fd_m

痩せたい人にとって、まず減らそうとするのが脂肪です。乳製品をはじめ、普段から「低脂肪」と表示されたものを選択する人も多いのではないでしょうか。
ところが、ハーヴァード大学がアメリカの約7万人を対象に行った研究結果によると、低脂肪ダイエットには長期的に見て効果がないどころか、かえって逆効果になり得ることがわかったのだそうです。

「低脂肪=ヘルシー」という思い込みの落とし穴

ef5c87dcf3e05c7e13ca76de0207f9f2_m

大体において、脂肪の含有量はその食品が健康的かどうかについてはあまり関係がないのです。例えば、アボカドや卵、オリーブオイル等は高脂肪ですが、健康的な食品です。ところが、低脂肪や無脂肪の「ダイエット」を謳うアイスクリームやお菓子などは、痩せるのに効果的であるとは言えないでしょう。低脂肪ダイエットをしている人は、高脂肪だからと健康的な食品まで除外し、低脂肪の加工食品を多く摂る傾向があります。

「低脂肪=ヘルシー」という置き換えが、いつのまにか頭の中では起こりがち。食べ物を「脂肪が多いか少ないか」だけで判断すると、「自分はいつも低脂肪なものを食べるように心がけているから、健康的でダイエットにも良い」と安心してしまい、身体に必要な他の栄養素には無頓着になりがちなのです。

脂肪を減らしても、糖分過多になっては意味がない

48c0f4f7afea812d2b9e63fb80fcedae_m
低脂肪な加工食品の多くは、(中略)全脂肪のものに比べて砂糖を多く含んでいます。
脂肪を減らしたと思っていると、実はダイエットの敵である砂糖をどっさり身体に取り込んでいた、という皮肉な事実についても指摘されています。これでは、せっせと低脂肪を心がけても痩せるわけがありません。

さらには、ビタミンA、D、E、K等の栄養素は脂溶性なため、脂肪も一緒に摂らないと、身体が栄養素を吸収できません。脂肪をカットしたダイエットでは、他の栄養素が不足することもあり得ます。
アンチエイジングやお肌に欠かせないこれらのビタミンが吸収されずに流れてしまっては、ダイエットどころか、美容にも健康にもマイナスです。ミネラルやたんぱく質もそうですが、やはり栄養素は、お互いに相乗効果で働くもの。ひとつひとつを切り離して考え、多くしたり少なくしたりするのではなく、全体のバランスを見て調節する必要があります。

低脂肪マニアのアメリカはいまだに肥満大国

5bdeb6f167be5df9b32a2363abe0137d_m
特にアメリカに行くと、低脂肪と書かれた食品がたくさん目につきます。たとえば、スタバ等でコーヒーにミルクを入れようと思っても、「低脂肪」しか置いておらず、わざわざ「全乳をください」とお願いしないといけないこともしばしば。育ち盛りの子どもにも「低脂肪乳を飲ませるように」とアドバイスする医師もいます。

にもかかわらず、アメリカがいまだ肥満大国であることからも、低脂肪ダイエットが効果的ではないという事には大いに納得なのです。

「低カロリー」「カロリーゼロ」に潜む罠

a174850b27b50f30e806a0b7b639c6b3_m
 甘いものと健康について、最近は砂糖の危険性が伝えられることが多いですね。強烈な依存性がある砂糖は、過剰摂取によって動脈硬化や高血圧、高脂血症などを引き起こす危険があり、さまざまな感染症や花粉症などのアレルギーにも関連性があります。
 高カロリーな砂糖がたっぷり入った飲料などを避け、人工甘味料入りのものを飲み干す。そして「砂糖よりは安全」「カロリーオフだから安心」などと考えるのは、これはこれで、まったくもって間違いなのです。

人工甘味料は超危険!

26f6e9af29a08e53094e54105733b6fd_m
人工甘味料には、サッカリン、チクロ、アスパルテーム、スクラロース、アセスルファムカリウムなどがあり、それらは非常に危険なもの。すぐにやめたほうが良いです。

・サッカリン…発がん性があるということから、一時期は使用禁止となっていたのですが、現在はまた使用が認められています。チクロは、発がん性や催奇形性が指摘されて使用禁止になっています。ちなみにサッカリンは、コールタールの研究中に偶然合成されたもの!

・アスパルテーム…体内で分解される時に構成成分のひとつであるメタノールを分離します。それが吸収されてしまうわけですが、メタノールは劇物指定されているもので、誤って飲んだ場合は失明することもあり、摂取量によっては死に至ることもあり得ます。アスパルテームは、脳腫瘍や白血病などのがんとの関連性も強く疑われています。

・スクラロース・セスルファムカリウム…体内では分解することができませんが、分子が細かいため、そのまま吸収されてしまいます。体内に入ると異物として血液中をめぐり、最終的には肝臓や腎臓に多大なダメージを与えて、免疫力を低下させてしまいます。
特に、アセスルファムカリウムを使って行われたラットの実験では、妊娠しているラットから胎児への移行が認められているのです。同じことが人間で起きないとは、断言できないでしょう。

自然のものを食べるのが一番

fotolia_49959852_s-min
栄養と健康によく精通した人々は、やり方は一つでないということを知っています。特に太りすぎのフィットネス初心者にとっては、バラエティー豊かな食事が健康状態を改善し体重を減らし得るのです。

人は劇的に食事を変えるのはなかなか困難です。基本的な食事に慣れている人に40g(160kcal)以下の炭水化物しか摂るな、と指示するのは非現実的です。多くの人が炭水化物をそんなに減らせませんし、耐えられません。

「低脂肪」や「低カロリー」という言葉のトリックには、惑わされないようにして全体のバランスを考えながら、自然のものを食べるようにするのが結局は一番間違いがないようです。

カロリーや脂質などを意識してダイエットしていた方にとっては、脂質の多いお肉・バター・コレステロールの多い卵・チーズなどを食べるのが怖いと思うのではないでしょうか? 最近では「炭水化物が太る!」と話題なため、パンやお米を減らす女性も多いかと思いますが、高カロリー食品を食べるのが怖いという女性も多いことでしょう。

おすすめは、お腹がすいたときには少しの無塩ナッツやバナナなどの果物を食べる習慣を付けるというもの。カロリーのとりすぎは良くありませんが、多少の糖質や脂質はエネルギー源となる為、やる気や行動力にもつながります。

ダイエットの基本は代謝の良い身体づくりから

w621_health
いくら糖質制限やカロリー制限をしても、まず、私たちの体自体の代謝が悪く不要物をため込んでいるようでは、まったくダイエットの意味がありません。むしろ体重が一時的に減っても、体質が悪化(筋肉量が減少し代謝が悪くなる)して、以前より太りやすい身体になっているという事もあります。むしろそういう方が非常に多いのです。

まずは、体のリセットとデトックスを行いましょう。
内臓や細胞を元気にして、ため込んだ有害物質を排出する。免疫力の向上やメンタルの修復にも役立ちます。

ここでオススメなのは、デトックスドリンクを取り入れたファスティング。

ファスティングには体のメンテナンスし、内臓機能を向上させる効果があります。
ファスティングと一口に言っても様々なものがありますが、まずはプロのファスティングマイスターに相談することが安全です。
あなたの体調や生活習慣などのヒアリングから、ファスティングのプログラムを導き出してくれます。ファスティングとは断食なので、勝手な判断では進めないほうが良いです。
しっかりとプロについて、健康で安全なファスティングを行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です