健康美容食育情報お届けサイト TKSニュース

みんなが大好きハムやソーセージが危険?

995a4e9f9eb4ec2eeebdc4aac8de8826_m

2015年10月26日、世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関(IARC)が、ハムやベーコン、ソーセージなどの加工肉に高い発がん性が認められ、食べることで大腸がん発症のリスクが高まるという調査報告を発表しました。
 
例えば、加工肉50グラムを毎日食べ続けると、直腸や結腸のがん発症率が18%高まるといい、その度合いは5段階のうち、たばこやアスベストと同じ最高レベルに分類されている。50グラムというのは、ハムやベーコン2~3枚分に相当する量。

 また、IARCはステーキなど赤身の肉についても、がんを誘発する恐れがあると指摘しています。赤身の肉は栄養価が高いとした上で、リスクとのバランスを鑑みて、「食事に関する最良の勧告を行う」という姿勢なのです。
 この調査報告は、世界中で発表された約800件の研究論文をIARCの研究者が精査した結果で、がんの専門医学誌「ランセット・オンコロジー」電子版に掲載されました。
 

加工肉や赤身肉の発がんリスクについて

ee4b5584c46d3ec4da6fdc015dac1d76_m

加工肉には発色剤として亜硝酸ナトリウムが使われており、それが肉に含まれているアミンと結合して、発がん物質のニトロソアミンが発生するといわれています。そのため、消費者は亜硝酸ナトリウムを使用していないハムやソーセージを選択するなどの自己防衛策がありました。

しかし、今回のIARCの発表では、それだけでは不十分なことが判明したわけです。
 さらに重大なのは、牛や豚の赤身肉も発がんを誘発することが指摘された点です。以前から、アメリカやオーストラリアから輸入される牛肉は、成長ホルモン剤が大量に使用されており、ホルモン系がんの発症を誘発するとされています。今回の発表は、輸入肉の危険性をあらためて明らかにしたといえるでしょう。

TPPでさらに増える、海外からのハムやベーコン

919d1604801bd41dec71a060cc53bed3_m

毎晩のビールが楽しみというビジネスパーソンは多いですよね。そのビールのあての定番としては、枝豆やソーセージなどが人気です。
 しかし、日本で販売されているソーセージの多くは、健康被害が疑われる添加物が使用されています。
 ソーセージやハム、サラミなどの加工肉を購入する際、原材料の欄を見ていただきたいのです。「亜硝酸ナトリウム」という名前がありますね。亜硝酸ナトリウムを使用していない商品には、「無添加」「無塩せき」といった表示があるので、それ以外は亜硝酸ナトリウムが入っているはずです。

 この亜硝酸ナトリウムは、食品の黒ずみを防ぎ、おいしそうな見た目を持続させる発色剤として用いられるが、極めて毒性が強く、厚生労働省が使用量を規定しています。
「規定量内ならば安全だろう」と考える人も多いでしょうが、亜硝酸ナトリウムは肉に含まれるアミンという成分と反応して発がん物質であるニトロソアミンに変化するといわれており、少量でも安心はできないのです。一部では、日本人に胃がんが多いのは、ニトロソアミンが原因ではないかとの指摘もあるくらい。

 さらに、一部の加工食肉ではアスパルテームやスクラロース、アセスルファムカリウム、サッカリンなどの合成甘味料がふんだんに使われている。これらは、発がん性のほか脳腫瘍や白血病の発病リスクも指摘されており、極力摂取は控えたほうがいいでしょう。

その他添加されている物質とその危険性

2feb18fff993999c7c286f3531408607_m

・リン酸塩(リン酸ナトリウム) 単に「pH調整剤」と書かれていることもあるが、その中にはリン酸塩が入っていることが多い。リン酸塩はカルシウムや鉄分の吸収を悪くするといわれており、摂取量によっては骨がもろくなったり貧血を引き起こす可能性があります。

・ソルビン酸カリウム 変異原性(遺伝子を傷つける毒性)が疑われており、発がん可能性があるといえます。

・着色料 特にタール系色素である赤色2号、赤色3号、赤色102号、緑色3号、青色1号、黄色4号などは強い発がん性が認められる。赤色2号はアメリカでは使用禁止となっており、赤色102号は欧州の複数の国で使用禁止になっている。また、赤色3号は赤色2号よりも毒性が強いことが判明しています。
 
添加物が入っている食品を食べたからといってすぐに健康被害が出るわけではないですが、なるべくなら摂取しないほうがいいのは明白ですよね。発色剤、リン酸塩、結着剤、保存料、酸化防止剤、合成着色料、化学調味料を使用していない製品もあるので、購入の際には注意したいです。

デトックスのススメ

6829bf6e56e7deca4391666270184dbc_m
これら、ハムやソーセージにも現れている通り、私たちの食文化には危険が多く潜んでします。
ファーストフードやジャンクフードを摂取する機会の多い現代人は、知らず知らずの内に多くの有害物質を体内にため込んでいるのです。

しかし、これら全てを避けて通れないのもまた現実です。
なるべく健康なもの自然なものを選んで食べようとする努力は必要ですが、付き合いで居酒屋に行く機会もあれば、金銭的時間的に簡単に済ませたい場面もあるかと思います。

そんな現代人だからこそ、定期的に摂りいれたいのがファスティングです。
ファスティングは体内に溜まった有害物質を排出し、腸内環境を整え、体質改善を促していく非常に効果的な方法です。
多くの添加物などで疲れ切った体(内臓)を休め、リセット&デトックスを行うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です