健康美容食育情報お届けサイト TKSニュース

大切な飲む「お水」のおはなし

6d282b5d72a7ca15f2fdb6fe47e52656_m

60%が水分で出来ている

人間の体は約60%水でできています。 ちなみに胎児は体重の約90%、赤ちゃんは約75%、子供は約70%、成人では約60%、老人では50%と年齢によって分かれます。 成長するにしたがって水分の割合が少なくなっていくのは、体についてくる必要な脂肪分だけ水の割合が少なくなっていくからです。

成人の水分量は約60%となっていますが、男性と女性に分けますと、男性よりも女性のほうが水分量の割合が低くなります。 これは一般的に男性より女性のほうが脂肪が多いからです。 しかし男女の差の水分量の変化ならともかく、太って水分が吸収できなかったら病気になりかねません。

水分補給は超腸大切なこと

2a66bca9e43085131b3dae7e3d34fbfc_m

水は人間にとってかかせないものです。
最悪食べ物を食べなくても数十日、人間は生きることが可能ですが、水を飲まなければ数日と持ちません。
それは体内の水分が失われると真っ先に体は栄養素を運ばなくなります。

血の巡りが悪くなり、ドロドロになった血が詰まったりしますと心筋梗塞やなどの病気を起こしてしまいます。
また飲むことによって老廃物などの毒素も汗や尿と一緒に排出されますので、水分補給は大事なのです。

喉が渇いたと意識した時にはもうすでに水分が欲しいという体からの信号が発せられています。
その時に一気に水分を補給すればいいという考え方はあまりお勧めできません。
何故なら大量に水を飲むことによって胃酸が薄まってしまうからです。
食欲不振や消化不良を起こしかねません。
あくまで水はこまめに摂ることが大切なのです。

水道水の現状は…

6fd885fcaa033793d14d52166cba7f5a_m
日本の水道水は「水道法」で塩素による殺菌が義務付けられています。水道法の良しあしはいったん置いておいて(多くの家庭に一定の品質で水を供給するという大前提がありますので)、その現状を知っておきましょう。

上記のとおり、水道水は塩素による殺菌が行われています。塩素で殺菌するという事は、「残留塩素」を摂取するということになるのです。また、浄水場で細かいゴミや塵を沈殿させるために用いられる薬剤にはアルミニウム化合物が使用されており、完全に除去されずアルミニウムが残留している事があります。それに加え、古い水道管を通ってきた水は水道管の錆として、有害ミネラルである鉛が含まれている可能性があります。

これらを考えていくと水道水は控えた方が良いでしょう。

ではどんなミネラルウォーターを選べばいいの?

e313c706d545a0ea55da8462c3d999ce_m

ミネラルウォーターと一口に言っても様々な種類が存在し、実際どれを買えばいいか悩んでしまいますよね。

まずミネラルウォーターは大きく分けて「硬水」と「軟水」2種類あります。

軟水と硬水は、水に含まれるカルシウムとマグネシウムの量によって分類されます。
軟水は雨水が長いとはいえない川を通ってそのまま貯め込まれたり、地層を通過しただけの水などが使われています。 日本などはほとんど軟水の国といってもいいかもしれません。
軟水は地質を通過しても期間が短いためか、あまりカルシウムとマグネシウムを含んでいません。 しかし口あたりはなめらかで、無味無臭なためか、日本料理のような繊細な料理によくあいます。
また日本人は生まれた時から軟水で育っているような環境です。 余計に舌に馴染むのでしょう。

硬水は日本ではほんの一部の地域でしかとれないので、お目にかかれるのはほとんどが外国のミネラルウォーターですね。 勿論、日本産もありますが本当に一部です。 硬水は地質が石灰岩のようなところを長い時間をかけて通過してできる水です。 その間に地層のマグネシウムやカルシウムを取り込んでいきます。 何も表示などを確認せずに、ミネラルウォーターを買ったりすると硬水で驚いたという方もいるのではないでしょうか。 なんといっても硬水には独特な苦みやえぐさがあります。 それがお酒に合うという好みの方はいますし、灰汁抜きなどにはよく使われ、西洋風の料理にはよく使われます。

硬水はミネラル分が多いので腸の動きを活発にします。栄養素が高く、便秘解消にはとてもよいのと、ダイエット向きではありますので、ラベルを見て硬度を少しずつ上げて飲むのもお勧めです。 硬水になれていない方は、いきなり飲むとおなかを下してしまうかもしれませんので、徐々に慣らしていき、用途によって使い分けることが出来ればなおよいでしょう。

美味しいは大切!無理は禁物!

5d9d5388e0b3965340134a789519ee89_m
健康のために、とても硬度の高い水を飲む方もいるようですが、もしその水が美味しく感じられない、また特に舌に重く感じるようであれば、無理をしても見続ける必要はありません。
水は美味しく飲むという事も大切です。
私たちの体の約6割が水分です。また私たちは水を体に摂り入れ、最大限に活用して老廃物と一緒に水を排出しています。

水は飲みなれなくて…という方はカフェインの含まれないお茶(ルイボスティーや黒豆茶)がオススメです。
また、価格の高い特別な水も、お値段的に買い続ける事が困難で、水分総摂取量が減ってしまうようであれば注意が必要です。美味しく毎日こまめに飲める「水習慣」を手に入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です